徳川家康公の墓所 久能山東照宮神廟

家康公の薨御と大明神

 元和2年(1616年)4月17日、駿府城で薨御した徳川家康公の遺骸は、その夜のうちに久能山に運ばれました。そして吉田梵舜(神龍院梵舜)や榊原照久(当時「清久」)らによる唯一神道(吉田神道)の儀式をもって「大明神」として神に祀られ、将軍徳川秀忠公は明神造りによる社殿の建造を中井正清に命じました。

改葬と呼ばれた勧請

 その後家康公の神号が「大明神」ではなく、天海の推す「大権現」に決定すると、家康公から遺言されていた翌年の日光山への「勧請」(分霊・分祀)は、日光山への「遷宮」あるいは「改葬」と呼び改められました。しかしそこでいう「改葬」とは、天海の主導する神仏習合の神道における儀式上の名目でしかなかったのです。

今も久能山に眠る家康公

 家康公の遺骸は久能山東照宮の神廟に「御尊体」として埋葬されており、その後掘り出されても運び出されてもいません。その事実は、日光東照宮の奥宮と久能山東照宮の神廟を実際に見て比較すればわかります。また、『舜舊記』『本光國師日記』『東部實録』などの史料を注意深く読むことでもわかってきます。